一般社団法人倫理研究所 長崎県倫理法人会は倫理経営の実践と普及を目的とし、企業経営者を対象に「経営者モーニングセミナー」などを開催しております。

長崎県倫理法人会

  • お電話のお問い合わせは0957-47-9653
  • お問い合わせ・資料請求

トップページ > 倫理法人会とは > 会長からのごあいさつ

会長からのごあいさつ

   長崎県倫理法人会

   会長 古里 久則

 前年に続き、長崎県倫理法人会の会長を拝命いたしました。前年同様より一層の発展のため、全力を尽くしてまいる所存です。

 長崎県倫理法人会は平成11年8月28日、全国で44番目に設立され、今年で19周年を迎えます。

 昨年度(平成30年度)は、新たな単会として、雲仙準倫理法人会が誕生しました。永木保史普及拡大委員長や、雲仙の役員各位の大変なご努力により、無事開設に至ることができました。

 また長崎県においては、過去最高の会員数となり県内各単会の会長や専任幹事をはじめ、役員の皆様のご尽力により、大きく前進してまいりました。

 いよいよ来年、長崎県倫理法人会は、設立20周年という大きな節目を迎えますが、ここまで来ることができたのも、先人の方々のご苦労の賜物であり、今日まで倫理の灯りをともし続けてくださったすべての皆様に、厚く御礼申し上げます。

 さて、平成30年度の法人局事業方針は「地球倫理の推進」と「日本創生」を2大スローガンに掲げています。

 この実現のために、目標の「10万社」に向けて、まずは「堅固な7万社」を念頭に、私たち長崎県役員、県事務局も最大限に力を発揮し、年度方針目標に結びつくよう、前年以上にお役に立てる様々な活動を展開いたします。

 長崎県倫理法人会の活動方針のテーマでもある「明朗・愛和・喜働の実践」により真のリーダーシップを発揮する長崎一の経営者集団を目指しましょう!

 引き続き、関係各位のご協力をよろしくお願い申し上げます。



長崎県知事 中村法道様より

推薦のお言葉

長崎県倫理法人会の活動に期待します。

 長崎県倫理法人会におかれましては、平成11年の発足以来、「企業に倫理を、職場に心を、家庭に愛を!」のスローガンのもと、会員の皆様のご努力により、「心の経営」の実践と普及に努められ、現在では400社を超える会員企業の参加を得るまでに広がりを見せておられます。これまでの企業と社会の健全な発展へのご貢献に対し、深く敬意を表します。

 現在、我が国は、厳しい財政状況や少子高齢化をはじめとする構造的な問題に直面しております。本県においても、未だ続く円高の進行などが企業経営に影響を与え、有効求人倍率も依然として低い水準にとどまるなど、厳しい雇用情勢が続いております。

 県といたしましても、「人が輝く、産業が輝く、地域が輝く長崎県」の実現を目指し、国からの交付金を活用するなどして着実に雇用創出を図り、中小企業の皆様に対する資金繰り支援を拡充して、県内経済の活性化や県民の雇用・暮らしの安心を確保するための対策に取り組んでおります。

 そのような中、各種セミナーをはじめとする数々の活動を通して、社員一人一人の働く意欲を高め、倫理に基づく人間関係を築き、事業を活性化されますことは、県勢の発展につながるものと確信いたしております。今後とも、「心の経営」に磨きをかけるとともに、同じ志を持つ方々とのネットワークをさらに広げていただくことを期待しております。そして、会員の皆様のご研鑚と企業の繁栄により、明るい地域社会づくりに貢献していただくことを心から願っております。

 結びに、長崎県倫理法人会の今後益々のご発展と皆様のご健勝、ご活躍を心から祈念いたします。